迂路有漏胡乱 urourouron

こんなものを買った 6  ARUKAS erde-3065

各写真はクリックすると拡大表示されます。

a0116946_19445321.jpg

写真が趣味の方ならご存知でしょうが自由雲台です。
中古品ですが、使用感がまったく無いのでデッドストックだったのでしょう。
ネットでこの雲台の情報を検索していて、偶然きれいな中古品を見つけたので「保護」しました。

「ARUKAS」というブランドですが、逆さから読むと「SAKURA」そう、さくらフィルムで知られていたコニカが作った雲台です。
もう、15年以上20年くらい前になるかもですが、今じゃ写真関係から撤退してしまったコニカが真面目に「写真」に取り組んでいた頃の意欲的な製品です。

a0116946_1946343.jpg


このerde-3065という、台座の直径が65ミリのタイプが定価30,000円
一回り小型のerde-3055が台座の直径が55ミリで定価25,000円でした。
当時の国産自由雲台は精度がイマイチで、微妙なフレーミングを決めようとすると非常に難しいものが大部分でした。
輸入品には、その辺りがクリアな製品もありましたが、とても高価でした。
そこに真面目に取り組んだのがこの雲台でした。
しかし、輸入品よりは安価ではありますが、20年近く前の実売価格が2万円以上ということもあり、それほどは売れなかったようです。(絶妙な操作感の精密自由雲台で知られている梅本製作所のいちばん大きなモデルSL-60ZSCが、現在19,800円ですから。)

          左が20年ちかく使ってきた雲台
a0116946_1947524.jpg

わたしは、あるきっかけでこの製品を知り(強く勧められて)発売されて間もない頃から愛用しています。(初期の黒いボールのタイプ)
当時、2台を購入し1台をメインの三脚につけて酷使してきました。
かなり精密な操作感覚の製品なのですが、さすがに20年近くも経つと若干のガタが感じられるようになってきています。
もう1台は、使用頻度が低くかったので問題ないのですが、1台だけだと不安だったので渡りに舟と買っちゃいました。
もっとも自由雲台は、梅本製作所の「SL-40AZ」と「SL-50AZD+SG-80」もあるので不足はなかったのですが。。。(汗)


「アルカス コニカ」で検索して、いつごろの発売だったのか情報捜してたら、自分で書いたものが。。。(汗)
http://bbs.kakaku.com/bbs/00500210008/SortID=2286452/

調べた範囲では1992〜3年頃の発売のようです。


アルカス エルデ 自由雲台 コニカ ARUKAS erde-3065
[PR]
by take525plus3 | 2011-05-16 19:55 | カメラ・レンズ・機材・物欲